ローヤルゼリーと女王蜂の関係性は?どうやって女王蜂になる?

ローヤルゼリーは女王蜂が一生食べ続ける特別食ですが、ローヤルゼリーと女王蜂はどのような関係があるのでしょうか?実は女王蜂と働き蜂は、卵の時点では違いはありません。女王蜂候補の幼虫は『王台』という特別な部屋に産み付けられて、ローヤルゼリーを与えられ続けることで女王蜂になっていきます。ここではローヤルゼリーと女王蜂の関係性についてご紹介します。

女王蜂と働き蜂の違い

そもそも女王蜂と働き蜂の違いは何でしょうか?実は女王蜂と働き蜂は、卵の時点で違いはありません。女王蜂の遺伝子は、一般の働き蜂の遺伝子と全く同じことが分かっています。

女王蜂と働き蜂の違いは、生後の環境にあります。
女王蜂は『王台』という特別な部屋に卵が産みつけられて、ローヤルゼリーが与えられ続けます。
ミツバチの幼虫は、全員生後3日まではローヤルゼリーを与えられます。(ただし働き蜂の幼虫が食べるものはワーカーゼリーと呼ばれる)しかし4日目以降からは、食べ物が明確に区別されます。女王蜂になる幼虫はローヤルゼリーが与えられ続け、働き蜂になる幼虫は花粉や蜂蜜を食べていきます。働き蜂になる幼虫は、その後ローヤルゼリーを食べることはありません。

ローヤルゼリーを食べる女王蜂の特徴

女王蜂候補の幼虫がローヤルゼリーを食べ続けると、働き蜂とは大きく違う特徴を持つようになります。成虫になった女王蜂は、働き蜂と比べて体の大きさが2~3倍、寿命は30~40倍にもなります。また働き蜂は卵を産むことができませんが、女王蜂は毎日約1,500個もの卵を産み続けることができます。女王蜂と働き蜂の違いを作り出しているのは、ローヤルゼリーによるものだと考えられています。

ローヤルゼリーを食べることで女王蜂になる

女王蜂と働き蜂は卵の時点では違いはなく、遺伝子的には全く同じ生き物です。しかし女王蜂と働き蜂には特徴や能力に大きな違いがあります。ミツバチの幼虫が生後にローヤルゼリーを食べることで、女王蜂になることは明らかです。しかしローヤルゼリーがどのようにして、女王蜂を育むかは分かっていませんでした。2011年二富山県立大学が発表した研究結果によると、ローヤルゼリーに含まれている『ロイヤルラクチン』というタンパク質が、蜂の幼虫を女王バチにさせることが明らかになりました。ロイヤルラクチンが含まれているローヤルゼリーを食べ続けることで、ミツバチの幼虫は女王蜂になっていくのです。

その他の情報

公式サイトはこちら

サプリ

  • 酵素分解ローヤルゼリーキング
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EX
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリー

コスメ

  • RJスキンケア
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • エモリーRジェル