ローヤルゼリーとリポタンパク質の関係。高脂血症予防効果がある?

ローヤルゼリーは冷え性や耳鳴りなど効果がある健康食品で、これまで多くの人に親しまれてきました。ローヤルゼリーは体内で様々な物質に影響を与えますが、その中でもリポタンパク質の分泌に関与しています。ローヤルゼリーはリポタンパク質の分泌を抑制する働きがあり、結果として高脂血症予防効果があることが分かっています。ここではローヤルゼリーとリポタンパク質の関係についてご紹介します。

リポタンパク質とは

リポタンパク質とは、血液中において水に溶けない脂質を、必要な部位へ運搬するための物質です。
脂質は水に溶けないので、血中に単独で存在することはできません。コレステロールや中性脂肪といった脂質は、『リポタンパク質』という粒子の形で血液中に溶け込んでいます。リポタンパク質の形にすることで、コレステロールや中性脂肪を血液中に溶け込ませて、全身に運搬することができるのです。

リポタンパク質の過剰分泌は高コレステロール血症を引き起こす

高コレステロール血症(脂質異常症)が引き起こされるメカニズムに、肝臓でのリポタンパク質の過剰分泌があります。高コレステロール血症とは、血液中のコレステロールの値が高くなる病気です。リポタンパク質という粒子の形で血液中に溶け込んでいるコレステロールの量が過剰になると、血液壁が厚くなり、動脈硬化の原因となります。動脈硬化が進行すると、心筋梗塞や狭心症、脳卒中など命に関わる病気のリスクが高まります。

ローヤルゼリーの高脂血症予防効果

ヒト肝臓由来の培養細胞を用いた実験によると、酵素分解したローヤルゼリーは、高コレステロール血症の原因となるリポタンパク質の分泌を抑制することが分かっています。
ヒト肝臓由来培養細胞に酵素分解したローヤルゼリー(1mg/mL)を加え、培地中に分泌されるリポタンパク質の量を測定しました。その結果、ローヤルゼリーを加えた培地中に分泌されたリポタンパク質は、ローヤルゼリーが含まれない培地中に分泌されたリポタンパク質の5分の1の量まで抑制されました。

またローヤルゼリーはコレステロール以外にも、血液中の中性脂肪の上昇を予防する機能があることが分かっています。これらのことから、ローヤルゼリーにはコレステロールの上昇を予防する効果があると考えられています。中性脂肪やコレステロールが気になる人は、健康食品であるローヤルゼリーを活用してみてはいかがでしょうか。

その他の情報

公式サイトはこちら

サプリ

  • 酵素分解ローヤルゼリーキング
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EX
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリー

コスメ

  • RJスキンケア
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • エモリーRジェル