自律神経

自律神経へのローヤルゼリーの働きは?

自律神経失調症という病名をよく耳にすると思います。
自律神経失調症というのはどんな病気なのかを簡単に説明するとめまいや立ちくらみなど軽い症状のものから、重症になってくると不安感が募ったり、うつ症状が現れるなどという事もあります。
もっとひどくなると情緒不安定に陥ったり、人間不信になってしまったりするのです。

自律神経失調症になってしまうと精神面で非常に不安定になるということが判ると思いますが、軽い症状の時に現れる肩こりや不眠症など、身体に影響を及ぼすという特徴もありますので、十分に注意が必要な病気なのです。
この自律神経失調症を引き起こしてしまうのは、自律神経のバランスが大きく関係しています。
このバランスをきちんと保っていれば問題はないのですが、バランスが崩れると自律神経失調症となってしまうのです。

この病気は何が原因で発症するのかという事が非常にわかりにくいため、症状が重くなってから発見されるというケースも増えています。
この自律神経失調症の改善や予防に非常に良いとされているのがローヤルゼリーなのです。
自律神経が乱れてしまう原因のなかにホルモンバランスが崩れると起こってしまうということが挙げられます。

http://www.gege.jp/houhu_aminosan.htmlにも書いてあるように、ローヤルゼリーには女性ホルモンのバランスを整える働きのある「デセン酸」というものが含まれており、このデセン酸が女性ホルモンの働きを非常に似た働きをすることから、乱れてしまったホルモンバランスを正常に戻そうとする力が働くのです。
そして更に「アセチルコリン」と呼ばれる成分もローヤルゼリーの中には含まれており、この成分はストレス緩和をサポートする働きをする成分として知られています。
ですから、この2種類の成分が入っているローヤルゼリーは非常に自律神経への働きに効果を発揮するという事が言えるのです。
また豊富なビタミンを含んでいるローヤルゼリーhttp://www.furigana.jp/seibunn.htmlはその成分が身体のバランスを保つという事にも役に立っているのです。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い物で健康維持 All Rights Reserved.