ローヤルゼリーを選ぶ時に、添加物に注意すべきタイプは?

ローヤルゼリーは更年期障害の緩和や、動脈硬化予防といった健康効果が期待できる健康食品です。ローヤルゼリーは様々な人の健康に役立つ食品ですが、どの商品を選ぶか迷ってしまう人が多いのではないでしょうか。ローヤルゼリーを選ぶ時に注意すべき点のひとつに、添加物の存在があります。ここではローヤルゼリーを選ぶときに注意すべき、添加物についてご紹介します。

ローヤルゼリーの商品は3種類ある

ローヤルゼリーの商品は、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー、調整ローヤルゼリーの3種類に分けられます。

生ローヤルゼリーは採取されてから不純物をろ過して、そのまま容器に詰められた商品です。乾燥ローヤルゼリーは生ローヤルゼリーの水分を蒸発させ、粉末状にした商品です。一般的には錠剤やカプセルに詰めて販売されています。調整ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーまたは乾燥ローヤルゼリーに副原材料や添加物などを加えた商品です。ソフトカプセルや糖衣錠、ドリンクなどの商品として販売されています。

添加物に注意すべきローヤルゼリーの種類

ローヤルゼリーを選ぶ時に添加物に注意すべき種類は、調整ローヤルゼリーです。生ローヤルゼリーと乾燥ローヤルゼリーには、添加物が含まれていないケースがほとんどです。一方で調整ローヤルゼリーは、副原材料や添加物を加えて作られています。

(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会によって、ローヤルゼリーの使用量が全重量の6分の1以上のものを調整ローヤルゼリーとすると決められています。逆に言えば、6分の5以上は添加物が含まれていてもよいということになります。そのため調整ローヤルゼリーの商品を選ぶときは、どのような添加物が含まれているか確認することが大切です。

ローヤルゼリーに含まれている添加物とは

『添加物』というとネガティブなイメージをする人が多いかもしれませんが、調整ローヤルゼリーに含まれている添加物の多くは、味を調整するための甘味料や、品質を安定させるための保存料です。ローヤルゼリーには独特の酸味や苦味があり、味に苦手意識を持つ人は少なくありません。またローヤルゼリーは生鮮食品であり、常温では数日しか品質を保つことができません。これらのデメリットを補うために添加物が活用されており、その多くは安全性が確認されているものです。

ただし身体に悪影響を及ぼす添加物もあるため、商品を選ぶ時は成分表をよく確認することが大切です。例えば人工甘味料や酸化防止剤、防腐剤などは発がん性が指摘されているものもあります。これらを含むローヤルゼリー商品を選ぶのは避けた方がよいでしょう。

信頼できる標品を選ぶのがおすすめ

添加物が入ったローヤルゼリーを購入する際は、信頼できるお店で販売されている商品を選ぶのがおすすめです。市販されているローヤルゼリー商品の信頼性を見極める判断材料として、公正マークがあります。

公正マークは、(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会の厳正な品質審査をパスした、適切な表示を行っている商品のみに貼付することができます。つまり公正マークがある商品は、協議会が適正と認めた信頼できる商品です。信頼できるローヤルゼリー商品を選ぶときの目安になるので、活用するのがおすすめです。

その他の情報

公式サイトはこちら

サプリ

  • 酵素分解ローヤルゼリーキング
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EX
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリー

コスメ

  • RJスキンケア
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • エモリーRジェル