自律神経

花粉症でもローヤルゼリーを服用可能?

ローヤルゼリーを摂取し始めたら花粉症が軽くなったという話をよく耳にします。
勿論ローヤルゼリーというのは花粉や花の蜜が原料になっています。
この花などから採取した蜜を食べたミツバチが、その体内で合成をしてできたものをローヤルゼリーと呼んでいます。

ですから、稀に花粉症の方が摂取すると呼吸困難を起こしたり、胃腸障害やめまいなどをおこすこともあります。
ローヤルゼリーを飲むと体がだるくなってしまうという方などは服用することが出来ません。
どのような食品にもアレルギーを引き起こしてしまう可能性があるわけですから、一概にローヤルゼリーがアレルギーの原因になるとは言えないのです。

また、どのような花粉に反応しているのかが判らないという事もありますので、注意が必要です。
しかし、http://www.lom3.com/arerugi.htmlにも書いてあるように、この反対でローヤルゼリーを摂取し始めてから花粉症が軽くなるという事例もあります。
花粉症というのはそもそも私たちの体の中の副交感神経というところに異常に反応するのです。

その異常を体が察知し、花粉症として現れてしまうのです。
この症状をローヤルゼリーの中に含まれている「アルチルコリン」という物質が異常をきたしてしまった副交感神経を正常に戻してくれるという役割を果たしてくれます。
この副交感神経が正常に戻れば、花粉症の症状も和らぐということに繋がります。

また、ローヤルゼリーに含まれている様々なビタミンやミネラルが人間の身体の疲れを取り除き、体内にある抵抗力を高めることによって、花粉に強い体作りが出来ると言われています。
海外などではミツバチの花粉を使ったピーポーレンと呼ばれる減感作療法も人気を集め始めています。
このピーポーレンの中にある栄養素が花粉症を和らげる成分として注目を集めています。
体質改善によく使われている治療方法の一つです。
花粉症の方が初めて服用するときには気を付けなければいけないですが、摂取してみて異常を感じない時にはローヤルゼリーは花粉症の強い味方になってくれるのです。
生ローヤルゼリーについて知りたい方はこちらhttp://ln268.com/raw.html

Copyright(C) 2013 栄養価が高い物で健康維持 All Rights Reserved.