ローヤルゼリーの品質を確認する方法。表示マークが役立つ。

ローヤルゼリーはミツバチが女王蜂のためだけに作る特別食で、更年期障害や高血圧の改善などの効果がある健康食品です。ローヤルゼリーは様々な商品として販売されていますが、商品を選ぶ際は品質の高さを確認することが大切です。ローヤルゼリーの品質を確認する方法に、『公正マーク』の有無があります。ここではローヤルゼリーの品質を確認する方法についてご紹介します。

全国ローヤルゼリー公正取引協議会の『公正マーク』

公正マークとは、社団法人全国ローヤルゼリー公正取引協議会の会員であり、協議会の厳しい品質審査に合格した、適切な表示を行っている商品だけに貼付が許されているものです。公正マークの審査の有効期限は1年で、毎年更新するだけではなく、随時市販品の検査や工場等への立ち入り検査が実施されています。一般消費者である私たちがローヤルゼリーの品質を確認する目安として、公正マークを活用することができます。

公正マークの審査基準

ローヤルゼリー商品に公正マークを貼付できるようするためには、厳しい審査に合格する必要があります。これは品質内容の違いを明確にして、消費者の正しい商品選択に役立てるためのものです。もちろん商品に必要な表示事項や、基準なども細かく規定されています。

審査に合格するための基準は、ローヤルゼリーの商品タイプによって異なります。各商品が公正マークを貼付する規制の対象となるローヤルゼリーは以下の通りです。

・生ローヤルゼリー:王台から採取し、それをそのまま瓶詰めしたもので、移虫後72時間以内に採取したものでなければならない。
・乾燥ローヤルゼリー:生ローヤルゼリーの成分中、水分だけを除去した粉末状のもので、そのまま瓶詰したものとカプセル入りのものがある。
・調製ローヤルゼリー:生または乾燥ローヤルゼリーに副原材料、添加物等使用し、製品化したもので、生ローヤルゼリーの使用量が全重量の6分の1以上でなければならない。

上記の基準を満たしたローヤルゼリーは、更に含有成分や安全・衛生面についても細かく検査されます。また商品の品質だけではなく、製造工程や衛星管理、表示についても厳しく審査されます。公正マークの規約を満たすためには、ローヤルゼリーの容器または包装には、種類別名称、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法、原産国名、事業者の氏名住所を表示しなければなりません。購入する際には、これらの内容をしっかり確認するようにしましょう。

ローヤルゼリーで禁止されている表記

公正マークでは、品質や表示内容だけではなく、禁止されている表記についての規約もあります。例えばローヤルゼリーの定義に合致しない製品に、それらのようなものであるかのように表示すること。内容量や副原材料について、実際のものより優れている、または多いと誤認されるような表示。医薬品的な効果効能があるかのような表示。他の標品を誹謗中傷するような表示。原産国・原産地が誤認される表示。その他商品の内容または品質について、消費者を誤認させるような表示は全て禁止されています。

もし事業者が規約違反を行った場合、(社)全国ローヤルゼリー公正取引協議会はその違反行為を排除するための措置をとることができます。ローヤルゼリーの品質を確認したい人は、表示マークをひとつの目安として活用するのがおすすめです。

その他の情報

公式サイトはこちら

サプリ

  • 酵素分解ローヤルゼリーキング
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EX
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリー

コスメ

  • RJスキンケア
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • エモリーRジェル