ローヤルゼリーは生活習慣病予防に役立つ。高血圧や糖尿病に効果的。

ローヤルゼリーといえば女性特有の更年期障害や冷え性の改善効果があるため、女性向きの健康食品というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかしローヤルゼリーは生活習慣病予防にも役立つことから、性別に関係なく活用できる健康食品です。ローヤルゼリーには高血圧やコレステロールの上昇を抑える働きや、糖尿病を予防する効果があります。ここではローヤルゼリーの生活習慣病予防効果についてご紹介します。

ローヤルゼリーの生活習慣病予防効果

ローヤルゼリーから得られる生活習慣病予防効果は、以下の3つです。

高血圧予防

近年科学的研究によって、ローヤルゼリーに血圧改善が期待できる成分が含まれていることが分かっています。

まず血圧が高めの人を、年齢や血圧、肥満指数(BMI)などの数値にばらつきがないよう2つのグループに分けました。一方にはローヤルゼリーの成分が含まれた錠剤を、もう一方にはローヤルゼリーが含まれない偽薬を12週間連続で摂取させ、血圧の推移を観察しました。その結果、ローヤルゼリーの成分が含まれる錠剤を摂取したグループは、偽薬を摂取したグループと比べて血圧の値が低くなりました。また摂取を止めても穏やかに摂取前の血圧に戻り、摂取前の血圧よりも高くなる、リバウンドのような反応も見られませんでした。以上の調査結果から、ローヤルゼリーには安全性が高く、適度な血圧改善作用を持つことが明らかになっています。

コレステロール上昇予防

高コレステロール血症を放置すると動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすリスクが高まります。
ローヤルゼリーはコレステロール上昇予防効果があることが分かっています。

高コレステロール血症が引き起こされる原因のひとつに、肝臓内であるタンパク質が過剰に分泌されてしまうことがあります。ローヤルゼリーには、高コレステロール血症の原因となるタンパク質の分泌を抑制する効果があることが明らかになっています。ただしこの研究ではローヤルゼリーに含まれているどの成分に、コレステロール上昇予防作用があるか分かっていません。ローヤルゼリーのコレステロール上昇予防について、詳細なメカニズムを検討するための研究が期待されます。

糖尿病予防

糖尿病が進行すると神経や目や腎臓などにさまざまな障害を起こすため、未然に予防することが重要です。
ローヤルゼリーには糖尿病予備軍の初期症状を予防する働きがあることが、科学的研究から明らかになっています。

血糖を調整する『インスリン』というホルモンは、脂肪細胞への糖分の取り込みを促進することで、代謝を高めて血糖値を下げる働きをします。糖尿病予備軍の人は『インスリン抵抗性』というインスリンが効きにくい状態になっており、進行すると糖尿病に至ります。ローヤルゼリーは糖尿病の遺伝的要因の有無や生活習慣といった、発症原因の種類に関わらず、インスリン抵抗性の進行を抑えることが分かっています。以上のことからローヤルゼリーは糖尿病の初期予防に有効であることが明らかになっています。

その他の情報

公式サイトはこちら

サプリ

  • 酵素分解ローヤルゼリーキング
  • アサヒSAIローヤルゼリー48EX
  • ローヤルゼリー粒ゴールド800
  • 薬院オーガニックのローヤルゼリー

コスメ

  • RJスキンケア
  • ローヤルゼリーもっちりジェル
  • エモリーRジェル